【効果バツグン】置くだけで簡単に駆除できるダニ取りシート

      
ジメジメした季節になると心配になってくるのがダニ刺されですよね。
普段ならば日常的な掃除や布団干し、室内の換気などがダニ繁殖の抑止力となって
被害にあうこともほぼないのですが
高温多湿の時期だけは爆発的に繁殖するダニの被害にあいやすくなってしまいます…。
ちなみに「 温度20~30℃ / 湿度60~80% 」になる
だいたい68月の梅雨から夏にかけての時期がダニの繁殖シーズンになります。
     

      
室内にいる ダニの 80%以上は ヒョウヒダニ(チリダニとも言います) です。
このヒョウヒダニの死骸や糞が気管支ぜん息やアレルギー性疾患の原因になります。
そして人を刺すのが ツメダニ と イエダニ です。
どちらの ダニも 蚊と同じで、刺す時に唾液を注入するので
これがアレルゲンとなって炎症反応を起こし、かゆみを発症させます。
ポチポチと2つに並んだ虫刺され跡も特徴の1つです。
     

 

イエダニ と ツメダニ の 主な違い

【イエダニ】人を刺して吸血します。

      刺す部位:服の下の皮膚の柔らかい部位を刺します。
           顔や手などの露出している部位を刺すことはほとんどありません。

【ツメダニ】人を刺して体液を吸います。吸血はしません。

      刺す部位:肌が露出した部位を刺します。

 

 

刺された時の特徴 (イエダニ も ツメダニ もほぼ同じ特徴になります。)

 二つに並んだ虫刺され跡。

 刺された中心部に小さな赤いぷつっとしたしこりのようなものができます。
  特にイエダニに刺された時はそのしこりの部分が小さな水膨れになることもあります。

 かゆみが非常に強いです。

 薬を塗ってもかゆみが一週間近く消えずにしつこくぶり返します。

 刺されてもすぐには症状がでません。
  かゆみや刺された跡が出てくるのは半日以上経ってからです。

 

      
ダニに刺された時の かゆみは本当にヒドイです。
ダニ刺されに効くとされるステロイド剤を塗っても
かゆみが治まるのは一時だけで、時間が経つとすぐにぶり返します。
あまりのかゆみで 搔き壊して傷を広げてしまい、
そこから細菌による二次感染を起こしてしまうケースもあるのだとか…。
     

      
そんなダニの弱点といえば乾燥と高温です。
50℃なら30分、60℃なら一瞬で死滅してくれるので
ドラム式洗濯機やコインランドリーの熱風乾燥機、
布団乾燥機なども効果のある駆除方法になります。
ただ手間暇がかかりますよね…。
自分ひとり分でもなかなかの手間暇なのにこれが家族分ともなるとけっこうな重労働です…。
手間暇を掛けずにもっと簡単に駆除したいという方にはダニ取りシートがおすすめです。
           

      
小さなダニを効率よく捕獲&駆除できる「ダニとってシートNEO」です。
この「ダニとってシートNEO」は
特殊誘引剤(食品添加物)でシート内にダニを誘い込み、
粘着テープでガッチリ捕まえて逃がさない仕組みになっているので
掃除機や洗濯などで取りきれなかったダニも一網打尽にできます。
我が家ではベットに設置していますが、
このようにソファやジュータン、押し入れにしまっているお布団など
気になるところに置くだけで簡単にダニを捕獲して駆除することができます。
ダニの被害もピタリと止まりますよ。
(もしもダニ取りシートを設置しても虫刺されがおさまらない時は
ダニ以外の虫の可能性を考えてみたほうがいいかもしれません…。)
シート自体に使用開始の年月日を記入できるようになっているので
有効期限がすぐに分かるのも便利です。
あとは取替え時期がきたら燃えるゴミと一緒に捨てるだけでダニの駆除完了です。