【ダイソー】絶妙なさじ加減*カレーを美味しく食べるスプーン

     
ご飯を箸で食べる文化を持つ日本ですが、
丼物や納豆ごはん、卵かけごはんなど、
箸を使うよりもスプーンのほうが食べやすいご飯って結構ありますよね。
でも、普通の大きいスプーンではすくえる量がビミョーに少ないし、
かと言ってレンゲでは大きすぎて使いづらい…。
この2つのスプーンを足して2で割ったぐらいの
ちょうどいい感じのスプーンを探していたら、ダイソーで見つけました。
     

     
じつは、1度お試し買いで使ってみてすごく良かったので
今回は2度目のリピ買いになる カレーを美味しく食べるスプーン (110円/税込)です。
このスプーンは 新潟県の「燕市」で作られたMADE IN JAPANになります。
燕市といえば金属加工技術の「ものづくりのまち」として知られています。
燕市で作られた金属洋食器は
ノーベル賞の晩餐会やAPECでの各国首脳へのお土産にも採用されていて
そのクオリティの高さは世界のお墨付きです。

     
そんな燕市で作られた カレーを美味しく食べるスプーン は、
スプーンのフチを約2/3に薄くしてあるので、
最後まですくいやすく、食べやすい仕様になっています。
実際に使ってみると…
 最後まですくいやすい!  と謳っているだけあって、ほんとうにすくいやすいです。
深さも普通のスプーンよりは深くて、レンゲよりは深くないという絶妙な深さ。
ひとすくいの量がちょうどいいので
シチュー系やスープ系などにも使いやすいです。
この深さならカレーのルーとご飯をいい感じの量にひとすくいできるので
カレーを美味しく食べるスプーン というのも納得です。
しかも口にすっと入る大きさなのでとても食べやすい。
ちなみに柄の部分には微妙に曲線がついていて、持ちやすくなっています。
     

     
もはや我が家では大きいスプーンと言えばコレ。
カレーだけではなく、どんなごはんにも使えるお気に入りのスプーンになっています。
     

 

店舗により在庫切れの場合があります。